So-net無料ブログ作成
検索選択

P0 Stateの変更 [PC]

P0 Stateを変更するとシステムが不安定になる件ですが、解決するかもしれません。

ZenStates Linux版のソースを読み違えてしまいました・・・・。
ZenStates Linux版において、後からLockTscToCurrentP0フラグを操作する処理が追加になっています、多分これがP0変更時に不安定になるのを回避する処理だと思います。
しかし、私はこの処理を読み違えてしまい、フラグの意味が理解できないでいました(英語をまともに読めないのも原因のひとつですが)、このフラグはP0がロックされている状態を表しているかと思っていたのですが、まったく意味が違いました・・・。
「TSCはこのフラグをセットした時点のP0周波数を元にカウントされる」、したがってこのフラグがセットされればP0の周波数が変わってもTSCは影響を受けない(逆に言えばこのフラグが未セットの状態ではTSCは現時点のP0の周波数の影響を受ける)、というような意味でしょうか(まだ間違ってる?)。

単純にnot演算子を見落としていたんですよね・・・・・。

なんとなく納得できたので、K17TKにもLockTscToCurrentP0フラグの処理を正式に追加しますが、念のため起動オプションで指定するようにします。
なるべく今晩辺りに新しいものを置くようにします。

これで、HPETが無効の状態でも安定して動くようになると良いのですが。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0