So-net無料ブログ作成

K17TK K15TKの時にも書いた気がしますが [PC]

K17TKはK10Statとは違います。
K17TKはP-Stateの設定内容を変更するだけのプログラムで、状態の遷移や電圧,クロックの制御には一切関与しません、この辺りは全てOSとCPUにお任せしていますので、状態の遷移に関与していたK10Statとは基本的な部分が違っています。
要するに、BIOSで行うOverClock設定をOS上から行うというだけの代物です。
なので、BIOSのOverClock設定で事足りている方は敢えてK17TKを使う必要はありません。
OverClockの設定はどこで行うのが良いのか?( http://hbkim.blog.so-net.ne.jp/2017-04-24 )でも書きましたが、ほとんど趣味の問題です。

一連の記事でも色々書いていますが、Ryzenになってクロックや電圧の制御はP-Stateに関わらず積極的に制御されているようですので、最低Stateでの電圧下げ等Kaveriで効果のあった設定はあまり効果が無いようにも思います。
確実に設定変更で違いが出るのはP0 Stateの設定変更だけなので、特殊な事情のない限りはBIOSの設定でも良いのではないではないかと思います。

まぁ、私は「OS上で設定する派」なのでK17TKを作成しましたけど。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0