So-net無料ブログ作成
検索選択

Ryzen 1600 P-State設定 [PC]

さて、テストプログラムも完成したので、色々と設定をテストしてみています。
テストプログラムでP0を設定した瞬間にシステムが不安定になってしまい原因がわからなかったのですが、Ryzen Masterインストールしてみたところ原因がわかりました、どうやらHPETを有効にしておかないとダメなようです。
Ryzen Masterに付属のバッチファイルを実行したところ、テストプログラムでP0の設定を変更しても問題なく動作するようになりました。
Ryzen Masterを触ってみて分かったことは、画面上はコア毎に設定できるような感じになっているものの、実際にはどれかを変更するとすべての設定が連動して変わるということです。

DRAMの2666設定は1.2Vでは少し不安定でしたが1.21Vにしたところ安定しました。

P0ステートに関しては、デフォルトの電圧(1.23750V)で3.8GHzまでは問題なく動作するようで、3.9GHz以降現在電圧を上げて動作するかどうかをテスト中です、P3の電圧は0.8Vまで落としてみましたが問題なく動作するようです(お手軽にFFベンチを動かした程度ですが)。
Release>k17st.exe 0 i
Logical processors: 12  Cores: 6  Packages: 1  ThreadPerCore: 2
LogcalProcessor No: 0  Package: 0  Core: 0  Thread: 0
  Name: AMD Ryzen 5 1600 Six-Core Processor
  familyExt: 0x17  modelExt: 0x1  stepping:  0x1familyBase: 0xF  Model: 0x1  PackageType: AM4
  Packages: 1  Cores: 6  Threads: 12  ThreadsPreCore: 2  HTT: 1
  CpbDis: 1
    P-State:  0  Enable: 1  3200MHz( Fid: 128  Did:  8(1.00000) )  1.23750V( Vid: 50 )
    P-State:  1  Enable: 1  2800MHz( Fid: 140  Did: 10(1.25000) )  1.05000V( Vid: 80 )
    P-State:  2  Enable: 1  1550MHz( Fid: 124  Did: 16(2.00000) )  0.90000V( Vid:104 )
    P-State:  3  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  4  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  5  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  6  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  7  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )

\Release>k17st.exe 0 s 0 - 152 - -
Logical Processor No: 0   P-State: 0
Befor Setting.   Enable: 1  3200MHz( Fid: 128  Did:  8(1.00000) )  1.23750V( Vid: 50 )
After Setting.   Enable: 1  3800MHz( Fid: 152  Did:  8(1.00000) )  1.23750V( Vid: 50 )

\Release>k17st.exe 0 i
Logical processors: 12  Cores: 6  Packages: 1  ThreadPerCore: 2
LogcalProcessor No: 0  Package: 0  Core: 0  Thread: 0
  Name: AMD Ryzen 5 1600 Six-Core Processor
  familyExt: 0x17  modelExt: 0x1  stepping:  0x1familyBase: 0xF  Model: 0x1  PackageType: AM4
  Packages: 1  Cores: 6  Threads: 12  ThreadsPreCore: 2  HTT: 1
  CpbDis: 1
    P-State:  0  Enable: 1  3800MHz( Fid: 152  Did:  8(1.00000) )  1.23750V( Vid: 50 )
    P-State:  1  Enable: 1  2800MHz( Fid: 140  Did: 10(1.25000) )  1.05000V( Vid: 80 )
    P-State:  2  Enable: 1  1550MHz( Fid: 124  Did: 16(2.00000) )  0.90000V( Vid:104 )
    P-State:  3  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  4  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  5  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  6  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )
    P-State:  7  Enable: 0     0MHz( Fid:   0  Did:  0(0.00000) )  1.55000V( Vid:  0 )


あとは、P0がどこまで伸びるかとDDR4が電圧を盛るかタイミングを緩めるかで2933MHzで動くかどうかというところでしょうかね。

結局、現時点ではP0~P3までの設定とC6 Stateの有効無効程度しか設定できる項目は無さそうなので、この方向でK17TKのUIを作成していこうかと思っていたりしますが、それだと、ZenStatesとほぼ同じ感じになると思ったり・・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0